会社案内

理念
経営者から『こんな会社を作りたかった』
従業員から『こんな会社で働くことができてよかった』
といって頂けるような理想の会社創りをご支援いたします。
伊関社会保険労務士事務所
代表 伊関 淳
会社概要

所在地 東京都港区北青山1-4-1 ランジェ青山311
関連会社 伊関行政書士事務所

◆所在地◆〒107-0061 東京都港区北青山1-4-1 ランジェ青山311
◆地図はこちら◆

【最寄駅】青山一丁目駅(大江戸線、銀座線、半蔵門線)徒歩2分
 1番出口を出て、渋谷方面に向かって青山通り沿いを歩き、COCO壱番屋と
 出光のガソリンスタンドが右側に見えたらその脇の道から見えるのがマンシ
 ョンの入口です。
電話 03-6432-9395
FAX 03-6432-9395
業務時間 月曜日~日曜日(9;00-18:00)
(なお土日・祝日は前予約制でお願いします)
メールアドレス iseki@spice.ocn.ne.jp



代表者紹介

代表者 伊関 淳
生年月日 昭和40年7月16日生
事業内容 起業支援、社会保険・労働保険コンサルティング
出身大学 東京農工大学 工学部
出身地 千葉県松戸市
事務所設立 2010年
保有資格 行政書士、社会保険労務士、宅地建物取引主任者 DC(確定拠出年金)プランナー
所属団体 東京商工会議所、青色申告会、東京都行政書士会、
商工相談員東京都社会保険労務士会、
経済産業省後援「ドリームゲートアドバイザー」
趣味 ゴルフ、ジョギング、お酒、湘南散歩、フォトリーディング
ブログ 創業支援コンサルタントのひとり言
Facebook こちらをクリック
Twitter こちらをクリック
メルマガ 起業家・経営者ファイトクラブ



代表者の足跡:脱サラまでの道

1965年 千葉県松戸市常盤平に生まれる
1990年 東京農工大学工学部 機械工学科 卒業
1990年 横河・ヒューレット・パッカード入社(現:日本ヒューレット・パッカード)。
18年間のコンピュータシステムの営業畑。 ソフトバンク、NTT、電力、ガス会社等の上場企業から1人でソフト開発をするITの中小企業まで、あらゆるタイプの企業をみてきました。
2005年 40歳目前の人生折り返し地点で、
「本当に自分のやりたい事は何なのか?」
「これから先、本当に楽しい人生だったと後悔しない自信があるのか?」 
と自問自答を繰り返し、このころから、セカンドキャリアを 考えはじめました。
まずは、サラリーマン大家さんにあこがれて、
2006年 宅地建物取引主任者資格取得。
2008年 行政書士資格取得。
「セカンドキャリアはこれだ!」と思い、自分のやりたいことを見つけ脱サラ起業を決意しました。
2008年 4月に日本ヒューレット・パッカード退職 5月に、即、伊関行政書士事務所 兼 起業支援センター開設 脱サラの経験を生かし、自分と同じ境遇の起業家を支援したいという目的で起 業支援を主業務にする。 そして、業務の幅を広げるべく、
2009年 社会保険労務士資格取得
2010年 伊関社会保険労務士事務所開業
2011年1月 経済産業省後援ドリームゲートアドバイザーに就任
2011年1月 「賃金・退職金制度の見直し要諦」出版
2011年7月 会社にいても自由に生きる 「サラリーマン3.0」 出版
2011年4月 「助成金の実践獲得&活用術」を出版
2012年5月 株式会社Sounds Great 代表取締役就任
2013年9月 「起業して3年以上続く人とダメな人の習慣」出版
2014年8月 アクティブブレイン準講師登録
 
私のモットーは、「森を見てから木を見る」こと。
全体を見てから個別を見ないと必ず失敗します。
細かい木に気をとらわれてしまうことは、実は我々専門家が陥りやすい罠なのです。
そして、常に一歩先を考えて、かゆいところを提案する。
それが今まで私がサラリーマンで経験し、習得した私のスタイルです。
 
私は、サラリーマン生活を楽しくする思考法を「サラリーマン3.0」と呼び、日本経済新聞、週刊SPA、月刊人事、ビジネス選書、東京スポーツ等数多くのメディアで取り上げられました。
こんな経験を基に、サラリーマンにとっては、専門家と呼ばれる「士業」の高い敷居を下げることが、私のようなこの業界での異質な経歴の持ち主のやるべき役割であり、社会貢献なのかもしれません。
18年間にわたる営業マンが、800社以上の会社をみてきました。
独立後200社以上の起業・会社設立支援を実施してきました。
そしてようやく成功している会社のポイントが見えてきました。
たとえば、人事・労務の側面で言えば、経営者と従業員がうまくコミュニケーションができているのです。
ただ、それは簡単な様で簡単ではありません。
そんな問題点を熟知した労務コンサルタントが、「相談しやすさNO1」を売りに、親身になってご相談やご支援をさせていただき、ここまでやってきました。
そして、これからも皆様のお力になりたいと切に願っております。